ブログ

TOEIC と 英検

2020.03.21

皆さんこんにちはニコ英会話のSEIHAです!

 

今日は英語のテストについて爆  笑

 

この英会話のSEIHA博多駅前校にも

多くの生徒さんがTOEICのスコアアップを目指して、来ていただいています爆笑

300点から500点、500点から700点とスコアアップしていく生徒さんを見て

私ももっと勉強しなければとやる気づけられますおねがい

 

また最近では小中学生の生徒さんを中心に

英検3級、準2級、2級などの取得に向けて一生懸命お勉強中ですお願い

 

ということで、私たちは主に英会話の他にTOEICや英検対策をしていいるのですが

これらはどう違うのでしょう??

 

 

個人のイメージとしては、小・中・高生は英検

大学生・社会人はTOEICを受ける人が多い感じ…キョロキョロ

 

(実際私が高校受験まで英検の勉強して、高校生で何も勉強せずチーン大学、就活中TOEICの勉強で苦労したのでチーン

 

 

と、私の話は誰も得しない話ですので笑い泣き

 

TOEICはいろんなレベルの方が同じテストを受けます。(10~990のスコア)

それに対し英検は級で分かれており(5級~1級、2級の前に準2級、1級の前に準1級)

目指す級でレベルが異なります。

 

 

問題数と時間うずまき

TOEICはリスニング100問45分、リーディング100問75分

計200問を120分休憩なしで解きますニコニコ

マークシート

 

 

英検は級により異なりますが、例えば準2級の場合

一次試験・・・筆記38問75分、ライティングあり(英作文)・リスニング30問25分

一次試験通過した場合

二次試験・・・スピーキング6分

 

 

・問題数が全然違う!(TOEICは時間との勝負!時間配分のしかたがとっても大事!)

・TOEICはすべてマークシート

・英検は英作文があるため、単語の意味だけでなくスペルに気を付ける

・英検は一次に通るとスピーキングがあるので、会話対策が必要

 

 

問題内容の違いは??

TOEIC…ビジネスシーンを想定した会議、電話、注文などなどの内容が多い

英検…こちらも級により異なりますが、学校や仕事、文化や科学、医療、スポーツなどなど様々なシーンで使われる内容

 

 

ということで、なぜ社会人には英検よりTOEICのスコアが重視されているのか

その答えの一つがこの社会人に理解しやすい内容で

ビジネス英語を学べるからではないでしょうかニコニコニコニコ

 

 

ということで、今日はこの辺でニコ

まだ間に合う!入会金35円キャンペーン!

3月末まで!お早めに~爆笑

 

お気軽にお問い合わせください。

電話番号
【受付時間】 平日/14:00~21:00 土曜/10:00~18:00
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら